男性のシンボルであるひげは魅力的?!魅力的ではない?!

顔にあるひげは男性のシンボルでもあります。女性にはないので、それがとても魅力的なこともおおいのですが、どういうわけか、人間はないものねだりがとても多く、どうしても違った方がよいと感じる場合があるのです。隣の芝生は青く見えるといいますが、ひげが多くて濃い人は薄いのを好み、ひげが薄いことが悩みの人は濃い人をとてもうらやましく思います。しかし、濃くて多い人にとってはとても悩みの種であります。

ひげの濃い薄いはどうやって決まるの?

ひげが濃い人は、朝沿ったのに夕方にはまた生えてきてひげを剃っていないように見える人がいます。剃っていったのに、顔のあごの方ばかり見られるのが嫌だという男性も多いようです。

小学校や中学校ではつるつるのお肌だったのにいつの間にかひげがもじゃもじゃになっている人もいます。あごひげともみあげがつながって区別がつかない人もいます。では、いったいひげの濃い薄いはどうちがうのでしょうか?

ひげには、男性ホルモンが関わっているといわれています。そしてそれは、思春期の頃にあらわれはじめます。しかし、思春期の頃にひげがある人の違いが出るのではなく、生まれてくる前にお母さんのおなかになるときから決まっているといわれていますので、遺伝子のレベルでの話になります。

顔のひげが悩みの人はひげ脱毛

世の男性の中には、ひげを男性のシンボルと思えない人がいることも事実です。薄い人からすればとても羨望のまなざしで見られそうですが、当の本人はそうでもなく、どうにかしたいとおもっていることがあるのです。

ひげのせいで自分に自信が持てない人も多くいます。そんな人には、脱毛をおすすめします。脱毛をすれば、毎日の悩みや、コンプレックスを克服して自分に自信を持つことができるからです。自分に自信が持てれば、毎日がとても充実し楽しいものになりますよ。

関連する記事

Comments are closed.