気になるひげの処理には永久脱毛がいい

男性は、毎日毎日ひげを剃らなくてはいけません。男性のひげは濃くて太いので、しっかり剃れるものでなければなりません。毎日毎日ひげを剃るとなると、将来どれくらいのじかんがかかるのでしょう?そして、カミソリに使う費用は一生でどのくらいなのでしょうか?あごひげ脱毛をすればそんな悩みが解消されます。今回は、あごひげ脱毛について紹介します。

あごひごはどうやって処理するの??

あごひげの処理の方法は人によって好みや方法が違います。カミソリの形も違いますし、電動か手動かによっても違います。

それに、処理の方法は、カミソリやシェーバーで剃るだけではなく、ドラッグストアなどに売ってある市販の脱色剤や、毛を溶かす除毛クリームでの処理もあります。他に、ちょっと痛いですがワックスという方法もあります。

仕事によってはほとんどの仕事が見かけや清潔感を重要視する会社がほとんどなのであごひげは毎日処理しなければなりません。しかし、自己処理によっては、肌に負担がかかることが多いので、注意が必要です。

自己処理では肌にどんな負担がかかるの?

実際にどんな負担がかかるのでしょうか?ここでは、自己処理方法ごとに肌へかかる負担について紹介します。

脱色は、脱色剤を用いて毛の色素を抜きますがいわゆる漂白剤です。髪の毛を抜いた人ならご存知でしょうけれど、脱色剤で髪はあれますよね。その液体が毛根にまで入り込むので肌への負担は大きいです。

カミソリやシェーバーで剃る場合は、毛だけがそれればいいのですが、その周辺皮膚を気付つけてしまうことがあります。

ワックスは、ワックス剤を使って毛を半ば無理やりに引き抜く形になりますので、皮膚にまで衝撃がかかり、皮膚が岐津筑恐れがあります。

除毛クリームは、クリームなので優しいイメージがありますが、成分が強いアルカリ性なので肌への負担は大きいです。

これらの自己処理からくる皮膚への負担を考えると、毎日のことですし、あごひげ脱毛が肌への負担は少ないかもしれません。

関連する記事

Comments are closed.